外国人モニター
foreigner survey

外国人モニター

Dispatch foreign human resources


『海外で販売したい商品を事前に外国人に試してもらい意見をもらいたい。ある国での統計を取りたい。』など、モニターを行うための人材をご用意いたします。 人種・性別・年齢など細かい要望にもお応えいたします。



私達だからできる事

Only aim


デザイン

Design


日本で人気のある商品だからといって、どの国でも受け入れられるわけではありません。 YOLO JAPANの外国人モニターなら、見た目の印象から、手に取った時の使用感まで、ご要望にぴったりの人材が商品のチェックを行います。

For foreigners menu development eateries

ヘアアイロン


日本では人気のカラフルなデザインとスリムなボディ。実は海外では真逆の評価を受けることもあります。 YOLO JAPANの外国人モニターは、ヘアアイロンのヘビーユーザーを集める事に成功。 『軽すぎるから、壊れやすそう』、『手のひらにフィットしない』、『もっと落ち着いた色合いが良い』といった貴重な意見が集まり、メーカー様の商品開発に活かされています。

商品パッケージ


食品メーカー様の依頼で、商品のサンプリングを実施。本来の目的は味の好みや傾向を調査する事でしたが、そこで意外な事実が判明。 各被験者より特に評価の低かった商品の原因を追究すると、中身ではなくパッケージの色に問題がありました。 そこで、デザインを重視した追加調査を実施し、『子供に買わせたいと思うパッケージ』、『味がイメージできるパッケージ』、 『健康的なイメージのするパッケージ』など、今後の戦略に活かすことのできるテーマを導き出しました。



問題発見

Discovery


日本で人気のある商品だからといって、どの国でも受け入れられるわけではありません。 YOLO JAPANの外国人モニターなら、見た目の印象から、手に取った時の使用感まで、ご要望にぴったりの人材が商品のチェックを行います。

For foreigners menu development eateries

電気シェーバー


日本の家電製品は世界でも人気の商品です。しかし、日本人とは全く異なる毛質や骨格のユーザーにとって、同じ商品で使いやすいと言えるでしょうか? 実際に、サンプルを使用してもらい、剃り残しや肌への当て易さ、使用後の肌の刺激など、一つ一つの評価をクライアント様の目の前で実施致します。 商品開発とモニター調査をくり返し行う事によって、海外市場で受け入れられる商品が完成します。

券売機や駅施設の調査


年々増加している訪日観光客。2020年の東京オリンピックに向けて、国内の様々な企業様でもインバウンド対策が行われています。 観光客の殆どが利用する駅施設もその一つです。YOLO JAPANでは、滞在歴の短いモニターを集め、駅施設での調査を定期的に行っています。 言語対応ができているはずなのに、券売機の操作が分かりづらかったり、特急券の購入方法が分からなかったりと、過去の調査でも沢山の課題が見つかりました。



マーケティング

Marketing


日本で人気のある商品だからといって、どの国でも受け入れられるわけではありません。 YOLO JAPANの外国人モニターなら、見た目の印象から、手に取った時の使用感まで、ご要望にぴったりの人材が商品のチェックを行います。

For foreigners menu development eateries

ECサイトのレビュー


日本のインスタント食品を海外に向けてネット販売する会社様では、数ある商品の中で一押し商品をセレクトするために、 モニターを使っての試食会を開催。各モニターから人気の高かった商品を洗い出し、今後のマーケティングに役立てて頂きました。 モニターからのフィードバックは、HPでの商品紹介にて活用、またレビューとしても掲載され、説得力のあるサイトに生まれ変わりました。

新商品のサンプリングとSNS拡散


海外向け化粧品の販売に向けて、YOLO JAPANではクライアント様の希望の国籍・年齢のモニターに商品のサンプリングを実施。 集めた意見をクライアント様のSNSにて4ヶ国語で展開しました。また、YOLO JAPANの公式SNSページにて、フォロワーに向けて発信し、 国内外のサイト登録者への告知もサポート致します。



データ収集

Data Collection


日本で人気のある商品だからといって、どの国でも受け入れられるわけではありません。 YOLO JAPANの外国人モニターなら、見た目の印象から、手に取った時の使用感まで、ご要望にぴったりの人材が商品のチェックを行います。

For foreigners menu development eateries

自宅での商品サンプリング


美容家電の調査では、日本人とは異なる肌質の人種に対して効果測定を実施。商品を自宅で1か月間継続使用し、使用前後の肌のデータを収集。 日本人と同じような効果が得られるか調査し、商品開発へつなげています。海外でも人気の商品を作る為に、モニターによるサンプリングは必須調査です。 また、年齢や肌の色でグループ分けをすることで、より細かなデータを集める事も可能です。

肌サンプルのデータ収集


化粧品メーカー様のご依頼で、各人種の肌データを収集しました。ヒト試験の専門会社様に協力を依頼し、 日本人とは異なる肌の水分量や油分などを測定、パッチテストも行いました。データ収集では、大量のサンプル数が必要となりますが、 豊富な登録数を誇るYOLO JAPANでは100人単位のご依頼にも対応しております。



イベントの開催

Events


YOLO JAPANでは、留学生から主婦、ビジネスマンなどの職種といった、人種や国籍以外の条件でもリクルーティングが可能です。 日本国内ではマーケティング調査が難しいとお困りの企業様にも、様々な形でモニターを活用して頂いております。

For foreigners menu development eateries

プレ展示会の手配


初めて海外での展示会に参加をされる予定のクライアント様に、プレ展示会を企画しました。慣れない外国人との折衝を事前に体験して頂き、 本番でもイメージ通りの対話ができたと、お客様からは素晴らしいフィードバックを頂きました。また、派遣するモニターも クライアント様のご希望の国籍のビジネスマンを手配致しますので、練習とはいえ、本番さながらの内容を体感して頂く事が可能です。

合同モニター会


必要性は感じるが、どの国に対してアプローチをしたら良いか分からないという複数の企業様へ向けて、合同のモニター体験会を実施しました。 アジア圏・欧米など、幅広く被験者を手配し、各企業様にニーズを掘り下げて頂きました。合同での実施の為、一社様あたりの費用負担も抑えられました。 また、ご参加頂いた企業様には、得られた実績を元に、国籍を絞った追加調査を行って頂くことで、具体的な海外展開への道筋を立てて頂きました。



音声やアナウンスの差別化

Voices


YOLO JAPANでは、留学生から主婦、ビジネスマンなどの職種といった、人種や国籍以外の条件でもリクルーティングが可能です。 日本国内ではマーケティング調査が難しいとお困りの企業様にも、様々な形でモニターを活用して頂いております。

For foreigners menu development eateries

カーナビ


音声認識ソフトは、今や様々な場面で活用されています。YOLO JAPANでは、英語圏向けの音声認識カーナビシステムのテストに参加。 クライアント様の条件にマッチしたネイティブスピーカーを手配し、音声認識システムの動作確認を行いました。 また滞在歴の短い運転経験者が参加することで、使用感のチェックなども併せて行うことができました。

アナウンスの質感


訪日観光客のインバウンド対策の一環として、商業施設の多言語アナウンスにYOLO JAPANの人材が参加致しました。 これまでの英語アナウンスに追加し、中国語、韓国語そして、昨今観光客急増中のタイ語にも対応しました。 YOLO JAPANには、各言語のレコーディング経験者も多く登録していますので、高級感のある声でおもてなしを実現します。



モニター事例詳細

I got a request from such a foreigner

アミューズメント施設のモニター調査で
ユーザビリティ向上へ


実施背景:施設内に設置している多言語化された標識、パンフレット、券売機等が 旅行客に伝わらず質問を受ける事や、誤った設備の使い方をされており、より 外国人にとって伝わり易くかつ施設を効果的に楽しんでもらうため

調査内容:アジア圏(中国人5名、韓国人5名、ベトナム人5名、タイ人5名いずれも滞在歴8ヶ月以内)、欧米圏(アメリカ人5名、ニュージーランド人2名、オーストラリア人2名、ドイツ人1名、ロシア人1名)それぞれに視点カメラを装着、施設の入り口にて券売機で入場園を購入しパンフレット、標識を元に指定された3カ所のアトラクションに向かう。 その際の、視点の移動、滞在箇所、導線の確認、アトラクションの説明の理解度を調査。

調査結果:パンフレットの説明で追加すべき点、導線の明確化、アトラクションの説明の改善点が明確に。またスタッフ用のピクトグラムを常備する事で案内がスムーズに

Attract UP in okonomiyaki restaurant

試食会で新製品のマーケット調査



実施背景:東南アジアのマーケットに向けての販路拡大に先立ち
新製品に関する調査

調査内容:フィリピン人モニター20名(20代前半男女各10名)に対して 試食会を実施。味に関するアンケート調査と同時に、異なるデザインのパッケージを用意し、どの商品が一番良いかヒアリング。

調査後:現地の若者が、日本人よりも甘さがより強い物を好む傾向である点、 また日本人に人気のあるデザインとは異なる、原色のインパクトの強いパッケージが 好まれる事が判明、商品の改良とパッケージデザインの重要な参考になった。


Usability studies and a train station facility

飲食店のミステリーショッパー


実施背景:これまでインバウンド対策を全く行ってない店舗の近辺のホテルに 中国人の旅行客が増え、対策をしてみたが思ったように集客が増えないため

調査内容:日本語が話せない中国人モニター5組10名がお客様として 店舗スタッフにモニターである事を伏せた状態で来店。 飲食をし、接客、商品、体験の3点においてのアンケートに答える。

調査後:中国人に訴求する看板の必要性、接客時のピクトグラム、決済の方法の改善、 専用メニューの作成、インパクトのある商品を新たに追加する事で口コミで広がり中国人の集客が3倍に増加。